黄金牡蠣(こがねがき)一年中安心して食べられる美味しい牡蠣のマルキン

海鮮百景マルキン

商品案内 銀鮭

養殖から加工まで自社一貫生産宮城県養殖銀鮭 銀王

30年以上の経験で培ってきたノウハウと三陸の豊かな海によって育まれた美味しい銀鮭をぜひご賞味ください。

株式会社マルキン代表取締役鈴木欣一郎

株式会社マルキン代表取締役
鈴木 欣一郎

昭和52年より続けている「こだわりの銀鮭養殖」安心品質の銀鮭をお届けいたします。

株式会社マルキン代表取締役、鈴木欣一郎は1977年(昭和52年)に女川町で初めて銀鮭の養殖を手掛け、以来30年以上にわたり業界のパイオニアとして、銀鮭の普及に努めてきました。
養殖から加工まで自社で一貫生産することで、トレーサビリティを確立し安全・安心の銀鮭を提供いたします。

3.11東日本大震災を経て

株式会社マルキンの銀鮭養殖場は女川町中心部より北西へ7kmほど離れた尾浦集落の沖、水深は約20mです。
2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で全ての養殖施設は流失しましたが、新たに漁場に生簀を設置し、2011年秋に稚魚を導入しました。
多くの皆様のご支援 、ご協力により現在まで養殖施設、1工場の復旧を果たすことができました。
社員一同、心より御礼申し上げます。

銀鮭商品写真

銀鮭漁場位置

栄養豊富な「宮城県女川町尾浦湾」

宮城県女川町中心部より北西へ7kmほど離れた尾浦集落の沖、水深は約20mです。 東日本大震災にて漁場全域で被害を受けましたが、2011年秋に稚魚を導入し、現在では大きく成長いたしました。
栄養豊富な女川町尾浦湾で元気に育った、マルキンの銀鮭を是非ご賞味ください。

養殖場・給餌の様子

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

養殖場写真

加工場内の様子

加工場写真

加工場写真

加工場写真

安心してお召し上がりいただくために、各種検査を行っております。

商品の放射能検査について

当社では、お客様に安心して召し上がっていただくため、二重の自主検査体制を取っております。

【測定方法】
1.第三者機関による検査
商品をサンプルとして取り上げ、ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマー線スペクトロメトリーによる核種分析法で 放射能検査を 行っております。この測定方法は、平成14年3月厚生労働省医薬局食品保険部監視安全課「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」 に準拠しています。
2.市場での水揚げ時の検査
女川魚市場に検出下限値10ベクレル程度まで下げた簡易放射能測定器が貸与され、2012年4月から毎日漁獲物の放射能検査が可能となっています。

放射能検査成績書

放射能検査成績書

放射能検査成績書

ページ上部へ

株式会社マルキン

〒986-2242 宮城県牡鹿郡女川町小乗浜字小乗1-22
TEL:0225-50-2688 FAX:0225-50-2687