黄金牡蠣(こがねがき)一年中安心して食べられる美味しい牡蠣のマルキン

海鮮百景マルキン

殺菌システム

事故クレームゼロ独自のオゾンマイクロバブル洗浄を採用。

鈴木専務

黄金牡蠣

1995年から今日まで事故・クレーム件数ゼロを保っています。

マルキンでは冬季食中毒の主な原因の一つである「ノロウイルス」が主に生ガキなどの貝類を汚染すること から、牡蠣を殺菌するシステムを導入いたしました。
このシステムは、海水にオゾンを溶解させたものに、水揚げ後の殻付きの牡蠣を入れ、処理することで牡蠣の内部まで殺菌することができます。
従来の塩素や紫外線を使用する方式に比べて短時間に効率的に殺菌できるため、牡蠣そのものに与えるダメージが少なく、殺菌後も長時間、高鮮度で保存することが可能となり、一年を通して生食用牡蠣を安全にご提供できます。

当社の生牡蠣は「磯臭さ」がない。その訳はオゾンマイクロバブル殺菌水。

洗浄装置からは5〜50μmの気泡直径を有するオゾンマイクロバブルが発生します。10ミクロン前後の気泡は水中を数時間以上漂いながら、水中でえら呼吸をしている生牡蠣の表面や或いは体内に浸透することにより、牡蠣の身全体を殺菌することに寄与しています。だから冬場の生牡蠣の「磯臭さ」が感じられません。

わたしたちは安全・安心な「牡蠣」をひとつひとつ丁寧に出荷しています。

牡蠣の水揚げ・洗浄

牡蠣の水揚げ・洗浄

女川湾より牡蠣を水揚げし、牡蠣殻の付着物の除去を行います。

牡蠣の殺菌

牡蠣の殺菌

保健所指導による22時間以上の
無菌蓄養殖(30時間以上実施)

製品チェック・殻剥き

製品チェック・殻剥き

牡蠣の状態をチェックしながら殻を剥きます。

製品パック

製品パック

徹底した安全管理を行い、無菌水 による製品パックを行います。

宮城県特産品 「黄金牡蠣」

黄金牡蠣は一年を通して美味しく食べられる
牡蠣として世界中へ流通しています。

製品出荷

製品出荷

築地をはじめ全国へ出荷しています。

製品パック

製品パック

徹底した安全管理を行い、無菌水 による製品パックを行います。

ちょっとひと工夫

魚介類の保存には、真水の氷ではなく、塩水の氷が適しています。 氷が途中で溶けても塩水になるだけだから、魚介類にとっては 元いた環境なので、風味を損なわれることはありません。 マルキンでは、ビニール袋にオゾン殺菌水を入れて、製氷したもの を使用しています。

オゾン殺菌水と氷。風味を損なわない工夫です。

商品の放射能検査について

当社では、お客様に安心して召し上がっていただくため、二重の自主検査体制を取っております。

【測定方法】
1.第三者機関による検査 ・商品をサンプルとして取り上げ、ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマー線 スペクトロメトリーによる核種分析法で放射能検査を 行っております。
この測定方法は、平成14年3月厚生労働省医薬局食品保険部監視安全課「緊急時 における食品の放射能測定マニュアル」 に準拠しています。

2.市場での水揚げ時 ・女川魚市場に検出下限値10ベクレル程度まで下げた簡易放射能測定器が貸与され、 2012年4月から毎日漁獲物の放射能検査が可能と なっています。

放射線測定検査

細菌検査・ノロウィルス検査について

当社では、放射線検査の他、細菌・ノロウィルス検査を実施しています。

保健所指導による生食用の牡蠣の成分規格・指導では
一般細菌数 50,000/g以下
大腸菌最確数 230/100g以下
腸炎ビブリオ最確数 100/g以下  
とされております。

当社が行うマイクロバブル殺菌を施した牡蠣の検査結果は
一般細菌数 300/g未満
大腸菌(E.coli) 18/100g未満
腸炎ビブリオ 3.0/g未満
ノロウィルス 陰性 と検査結果が出ています。
一つ一つの商品をきれいに殺菌し、安全な商品をお客様の元へ
お届けいたします。

細菌テスト

ノロウィルステスト

このホームページは平成23年度農商工連携等による被災地等復興支援事業補助金で制作いたしました。

ページ上部へ

株式会社マルキン

〒986-2242 宮城県牡鹿郡女川町小乗浜字小乗1-22
TEL:0225-50-2688 FAX:0225-50-2687